「未分類」カテゴリーアーカイブ

濃いワキ毛に悩んでいる女性は脱毛すべき

もうみなさんわかっているとは思いますが、ワキ毛をカミソリで剃ったり電動シェーバーで処理したところで根本的な解決にはなりません。
夜にきれいに剃っても翌朝にはもうぽつぽつと黒い毛がワキに生えてきますよね。

対処法としては脱毛しかないでしょう。
未成年だと親の承諾が無いとできませんが20歳を過ぎていれば自分の判断だけでもできます。
ワキ脱毛だけなら激安でできるサロンもあるので、未成年の人も親に頼んでみましょう。
具体的には、ミュゼプラチナムとジェイエステティックでワキ脱毛の激安プランがあります。

ミュゼの激安ワキ脱毛プラン

ミュゼでの脱毛が初めての人に限り、両ワキとVライン脱毛がそれぞれ6回で100円というプランがあります。
両ワキ6回だと完全につるつるにはならない回数ですが、脱毛の効果が実感できる回数ではあります。
多少はワキ毛の自己処理が楽になるはずです。

ジェイエステの激安ワキ脱毛プラン

ジェイエステでの脱毛が初めての人に限り、両ワキ脱毛12回+選べる3部位×各1回脱毛が300円でできます。
しかも、両ワキに関しては12回で満足できなければ5年間は何度でも通えます!
脱毛回数12回はジェイエステティックが脱毛完了の目安としている回数なので12回でも十分な回数です。
それにプラスして5年保証ですから、これはかなりおすすめですよ。

ミュゼもジェイエステも全国に支店があるエステサロンなので、自分が通えそうな店舗が無いかチェックしてみるといいですよ。

もし近くに脱毛サロンが無い場合には家庭用脱毛器を使って自分で脱毛するという方法もあります。
おすすめはケノンという脱毛器ですが、7万円近くするのでワキ脱毛だけに使うのはかなりもったいないです。
デリケートゾーン(VIOゾーン)は自己責任で使うことになりますが、それでもほぼ全身を一台で脱毛できるので、エステに行かず自分で脱毛するならケノンはかなりおすすめです。
どこで買えるのかというと公式通販サイトのみです。
しかし楽天市場など色々なところに公式支店があるので、その公式系列の通販サイトならどこでも買えます。
予約が取れないエステサロンからケノンにのりかえたけど満足しているというような人もいて、なかなか評判がいい脱毛器です。
ケノンはフラッシュ式という方式の脱毛器で、実際に脱毛エステの光脱毛とほとんど同じ感覚で脱毛できます。
ワキ以外にも気になるムダ毛がある人はケノンの購入を検討してみてはどうでしょうか。

関連サイト:http://xn--n8jwl3gt84t4ce.biz/
(濃いワキ毛に悩んでいる女性へ | おすすめの処理方法は脱毛ですよ)

赤カラコン!

アニメキャラのコスプレやハロウィンの仮装などでは赤カラコンが活躍します。
この赤カラコンですが数年前に私がネットで調べたときにはワンデーの度ありはありませんでした。
ネット上でもワンデー度ありの赤カラコンを探していた人はいたのですが、販売はされていませんでした。
その時の人たちはおそらく1ヶ月交換タイプの度あり赤カラコンを使ったり、ワンデー度ありのピンクカラコンなどで代用していたのではないでしょうか。
あとは近視が軽い人などはワンデー度なしの赤カラコンを使っていたかもしれません。

今でもこのような感じでワンデー度ありの赤カラコンは無いと思っていたのですが、いつの間にかたくさん新発売されていたようです。
どんな種類があるのかは下記サイトで写真付きで紹介されています。
http://xn--l8jzhtd6a3u6bv039bcfyd.biz/

ベタ塗りや複雑な模様のものはいかにもコスプレ用といった感じですが、それ以外のものは普段用に使ってもイケそうですね。
まあ、濃いめのギャル系メイクとかじゃないとカラコンだけ浮いた感じになってしまいそうですが・・・

赤カラコンはほとんどの人がコスプレなどのイベント用に使うと思うので、ワンデーが増えてくれるとうれしいですよね。
それと、赤カラコンはネットで検索すると日本未扱いのちょっと怪しげなものも見かけます。
日本未扱いということは日本の厚生労働省から高度管理医療機器としての承認を受けていないはずなので安全面での不安が残りますね。
ちなみに上の参考サイトで紹介されているワンデー度あり赤カラコン5種類は全て、日本の厚生労働省承認済みです。

シミに効く化粧品ってあるの?

日差しが強い季節がやってきましたが、紫外線によるお肌のシミに悩んでいる人は男女問わずたくさんいます。
私の場合は特に30代くらいから目立つシミができました。
そこでシミに効くクリームなどが無いかを調べてみたのですが、どれを買えばいいのかさっぱりわかりませんでした。

シミ用クリームにはハイドロキノンという成分が入ったものとそうでないものの2種類がある、ということが分かったのですが、ハイドロキノンという成分は日本では2001年頃までは化粧品には配合できないことになっていたと知りました。
これはハイドロキノンという成分の刺激や副作用などを考慮した結果のようです。
海外では今でもハイドロキノンの使用に関する規制がある国もあるそうです。
日本でも配合できる濃度などに決まりがあります。
使用方法を誤ったりお肌に合わなかった場合には白斑と呼ばれる症状が起こり、クリームを塗った部分のお肌の色が抜けてしまうこともあるそうです。
と、こういうのを読んでいるうちに「ちょっと怖いなぁ」と思い、その時は結局何も買いませんでした。

そしてその後さらに調べてみるとハイドロキノンが入っていないシミ用クリームでよさげな商品を見つけました。
ブライトニングフォーミュラというシミ用クリームです。
「これは結構期待できるかもしれない」と思い、使った人の感想を調べてみたのですが賛否両論といった感じでこれも結局まだ買っていません・・・

出来てしまったシミを消すのには結構リスクというか副作用とかそういったことを気にしなければいけないことが多いので「もうこのままでもいいかな・・・」と思っている部分があります。
とても大きいシミならともかく、自分の場合はそこまで大きくは無いので。

シミ用クリームに興味がある人用の参考サイトです。
>>http://xn--t8j4aa4n6jiiv30tv1cpw8j.com/
(シミに効く化粧品)